ノー残業デイを決めている会社

会社によっては、ノー残業デイを作っている場合があります。一週間に一度、この曜日だけは定時で帰ることを徹底づけているのです。そのようにしておくことにより、メリハリをつけながら働くことが可能になるかもしれません。
もちろん、できるだけ残業にならないよう仕事のやり方を工夫することも大切です。それでも、仕事が多くて残業になってしまう場合もあるでしょう。
それをふまえて毎日残業をしているというようなことよりも、週に一度だけでも残業をしなくても良いという日があれば、仕事に対してもヤル気が出てくることでしょう。でも、ノー残業デイというように言いながらも、それが守られないということもあるのです。
部署によっては、やはり残業が必要ということも出てきます。そうなった時に手当てが出るようでしたら、納得して仕事をすることが出来るでしょう。残業をしたのに手当が無いということになると、モチベーションアップをすることは難しいです。
会社側としては、「残業にならないよう工夫をしていたけど、どうしても残業になってしまった」という場合に手当を払ってあげることが必要なのです。社員を大切にしない会社は本来は成長しないというイメージがあります。でも逆に社員に対して厳しい待遇だからこそ、伸びるというようなこともあるのです。待遇はあまり良くないけれど、結果として会社の収益は上がっているということもあるでしょう。
そういう中で、それなら残業の手当てをしっかり払ってほしいと言いたくなる社員の気持ちも、分かるような気がします。それがあれば辛い仕事でも頑張ることが出来るのではないでしょうか。